冬のフィンランド

“サンタ行きの夜行列車”に乗ると果てしない銀色に輝く世界が窓の外一面に広がっていた。
フィンランドに来た一番の目的は、一生に一度は見たいと思っていたオーロラ。 そして、サンタクロースが生まれた国、そしてサンタクロースが住んでいると言われている町。
世界で一番幻想的と言われているフィンランドに、どうしても行きたかった。
厳冬期は午後三時には日が暮れ、気温は-30°は当たり前。 そんな厳しい環境の中で、ICEPEAKというブランドは生まれた。
私がこのブランドに出会ってから、フィンランドに対しての興味が強くなった。 白銀の世界、限りなく透明な湖、オーロラ、サンタクロース、ムーミン・・・ 何故フィンランドには世界中の人々の心を虜にするものが多く生まれているのか? 首都ヘルシンキから北に約830km。
ついにサンタクロースの住む町に着いた。 列車を降りるとすぐに、私は幻想的な世界に包まれた。

ICEPEAK

世界でもっとも幻想的と言われている北欧フィンランドで生まれ、世界中に素敵なウエアを届け続けている。
ヘッドオフィスは、首都ヘルシンキから北に約100kmの位置にあり、108年の歴史ある会社である。
小さな会社から始まり、今では、ヨーロッパ最大のアウトドアウエア会社にまで成長した。
サンタクロースのオフィシャルスポンサーでもあり、ICEPEAKはサンタクロースが世界中に届けているのだとDirectorのMr.Juha氏は話す。
「我々ICEPEAKの商品は、フィンランドの極寒の厳しい環境の中で生まれた商品です。
そのこだわりは、商品のデザインを決める時も、全てのデザイナーが極寒の地に集まり、白銀の世界、透明な湖、綺麗な山や、動物たちに囲まれた中でインスピレーションされるのです。 
とても少ない確立でオーロラに出会った時、デザイナーは何かを感じ、そしてそれを商品に映し出すのです。
もちろん高いクオリテイが無ければ、極寒の地では通用しません。
そのようにして生まれた商品を世界中の人たちが愛してくれていることを大変光栄に思います。」

フィンランドという国から生まれたブランド

フィンランドという国は、本当にさまざまな自然の表情を持っている。
言葉を失うほどに美しい光景。
時には生命の命を奪う程に過酷な北の大地。

そんな中でしか生まれない商品がある。

by ICEPEAK R&D deptチームの一言より

フィンランドが生んだ伝統とカルチャー

フィンランドは、昔から多くのアートが生まれている。
色鮮やかな建物、個性豊かなデザイン、造形美術、伝統の織物、食文化。
これほど、上手く”アートカルチャーと職人気質”が融合した文化、国を見たことが無い。
ICEPEAKの全てのプロダクトデザインは、これらの奇跡を上手くカタチにしていると思う。

by ICEPEAKデザイナーチームの一言より